騙されないためには当然ながら自己防衛が必要です。騙そうとしてくる人は、、、常に自分よりも情報を持っていない人を狙ってきます。それなら私たちは新しい情報を常に取り入れ続ける必要があります。

だけど、そうはいっても限界があるよね。というテーマでお届けします。

現在国会図書館には4,266万冊を超える本が貯蔵されています。(参考元:http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/outline/pdf/pamph_ndl.pdf)置かれている書籍のジャンルは様々、絵本や小説、論文、図鑑などさまざまです。

『人間は考える葦である』という言葉がありますが、時代が進むごとに新しい本が生まれます。チンパンジーやゴリラ、その他の動物にはできない人間ならではの芸当です。そんな人間ならではの芸当を利用して同属相手に悪巧みする奴がいるというのは狂った世の中です、ホント。

話を戻します。
上記で話したのがこれまでに出た本の冊数です。さらに新刊も含める必要があります。『現在、新刊は約 200冊出ています。これは毎日の数字です。1ヶ月にすると約6千冊、年間にすると約7万冊もの新刊が出ています。』(引用元:http://www.1book.co.jp/000076.html
とサイトには書かれています。

これを頑張って全てを読破することを仮定してみます、年間7万冊なら1日(70000/365=)191冊は必達です。サラリーマンが挑戦するなら1日の仕事時間の傍ら読書3時間を何とか捻出したとして
1冊1分 → 191分/冊
3時間 = 180分 ×

時間的に全く足りていません。あくまで仮定の話ですから1冊30秒まで縮めてみます。すると、
2冊1分 → 191冊 95分
これなら読破が可能そうです。さらに、180分-95分=85分の読書時間が残っていますので、プラス(85分×2冊=)126冊。1冊30秒で読み勧めた場合、
合計
317冊/日
9,510冊/月
115,705冊/月

(一旦、1冊30秒は無理でしょ?という仮定は置いて話を進めますよ)
お!これならいけるのか!と思いきや…実はこのペースなら到底適わないのです。

何故なら上記は日本語の書籍だけなので現存する世界の蔵書とこれからの新刊も捌く必要があるからです。そして、現存する世界の書籍はなんと

1億2986万4880冊』(参考元:https://wired.jp/2010/12/22/%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%85%A8%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%81%AE%E6%95%B0%E3%80%8D%EF%BC%9Agoogle%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%B0%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B/)です。

ですから、全ての本を追いきるということは無理なのです笑 既に出回っている本が1億冊なら年間11万冊ぽっちしか読めないのに太刀打ち出来ません。

しかし、彼らに対峙するには情報が必要です。この結論には誰もが異を唱えないでしょう。私も同感です。一体どうしたら良いのでしょうか。。。

この続きはまた次回に。